カタカナ発音には「ə(シュワ)」だ!驚くほどカッコイイ発音に!

突然ですが、あなたは以下のことで困っていませんか?

 

・英語がカタカナ発音なので、話すのに自信がない

・リスニングが全然できない

・読み方がわからない

 

これらは、多くの人が感じている悩みですが、

実はある「1つの音」を身につけると、それらは一気に解決できてしまうんです!

それは何かと言うと…

 

「シュワ」という音です。発音記号では/ə/このように書きます。

 

「なんとなく知ってる」と言う方も「初めて聞いた!」と言う方も、

最後にはシュワがわかって、今後の勉強の活かしてもらえれば嬉しいです。

さて、シュワは英語のスピーキングとリスニングに欠かせないのですが、

はたしてシュワとは何なのでしょうか。

シュワ(ə)とは??

実はこのシュワとうもの、英語の母音の1つなんです。母音と言うと「æ」とか「i」とかありますが、そのうちの1つで、特別に名前がついているんですね。

ちなみに、シュワの発音記号は、「ə」←こんな感じ。 e(イー)がひっくり返ったような記号ですね。

ちなみに発音記号は二本のスラッシュ記号「//」で囲むことになっているので /ə/のように書かれます。

əってどんな発音なの?

さて、əが母音だってことはわかりましたが、どんな発音なんでしょうか。

シュワの発音は、基本的に短く弱く発音される「弱母音」です。

そして、日本語には全く同じ音はありません。

じゃあどんな音かと言うと、

日本語の「ア」+「オ」+「ウ」を3で割ったような音です。

アーウーオーアーウーオー…とゆっくり音を変えながら

3つのうちの中間の音を出してみましょう。

その音、最初は

「こんなぼんやりした音でいいのかな…」

と思ってしまうのですが、

シュワは「あいまい母音」とも言われるほど「あいまい」な音です。

意識して使っていくうちにネイティブの音声の中にも

たくさん登場していることがわかるようになります。

発音のポイント

シュワ(ə)の発音は日本語にはないので、色々なが考えられています。

・ゾンビのうめきごえのように「ウ”ゥ”ゥ”ゥ”ゥ」の「ウ”」

・アゴをリラックスさせて喉のほうから「ウ」。

・アウオの中間音…。などなど

ポイントは「口を大きく開けないこと」です。アゴを下げず、唇を緊張させず、リラックスリラックス。 リラックスからの「ウ」です。

発音するときに口が開いちゃうとアウトです。

アゴが下がらないように、

音に慣れないうちは、最初は上下の歯を軽くカチッと 合わせちゃってもいいですね。その状態でもシュワはきれいに出ます。

上下の歯が軽くかみ合わさったその状態で、 喉ほうから「ウ」と言ってみましょう。

そう!その音がシュワの音です!

シュワ = /ə/ ≒ 「ウ」

まずこれだけわかればばっちりです♪

シュワはいつ出てくるのか!?

じゃあ、次に、このəは何者で、どこに登場するのでしょうか !?

「なんかどっかでみたことがある気がする」という人も、

「いや、はじめてみた」と言う人もいるでしょう。

それでは、その正体を知るために、 まずはある単語の発音を考えてみましょう。

これは中学校で習うため、誰でも知っているはずの単語・・・

「police」(警察官)

さあ、これの発音はなんでしょう?!

これはもう、みた瞬間に頭に流れたのではないでしょうか。

おそらく「ポリス」と・・・。

実はこれ、発音記号で書くとこうなります。

/pəlíːs/

//の中に発音記号が入っていますが、pのあとにəが入っているのがわかりますね。

さて、/ə/の発音を覚えてますか? そう「ウ」でしたね。

つまり

/pəlíːs/であれば、

正しい発音は「プリース」になっちゃうのです。

「え!そんなわけないでしょう?!」と思った方、

ぜひweblioのpoliceのところを参照して、音声も聞いてみてください。

・・・どうしたか?

頭の中にポリスの発音が染み付いていると、

まだポリースに聞こえちゃうかもしれませんが、

発音記号にも/ə/が入っていて、音声の方もよくよく聞くとプリースになっていたと思います。

これ、発音してもらうとわかると思いますが、

「ポリス」と全然違うんですね。

この全然違う「ポリス」の発音が頭の中に入っていると、 実はネイティブに「プリース」って言われてもわからないんです。

なぜなら、自分が「こうだ!」と思い込んでいる音と、

実際のネイティブの発音が違うから。

つまり、日本人が英語が聞けない大きな理由はこのシュワにあるんです。

・・・大事なことなので、もう一度言います。英語が聞き取れないのは、

このシュワにあるんです!!笑

逆に言うと、シュワがわかって、頭の中に「プリース」が入っていると、

ネイティブに「プリース」と言われても頭の中でバチっと一致するので、聞けるようになるんです。

つまり、このシュワを意識しているかどうかが、

聞き取りのカギになるんですね!

しかも!このシュワは、

すべての英語の発音の中で、一番多く現れる音なんです!

下の図は参考ですが、英語の音の出現頻度を表していて、

母音が赤、子音が青で表示されています。

そして、そのトップに君臨する(一番多く出てくる)音が、

シュワなのです!

(from Relative Frequencies of English Phonemes)

一番多く現れるものを間違えて理解していたら、

それは聞けないのも納得です。。。

お手元に単語帳があれば、これまであまりみてこなかった

発音記号のところを順番にみていきましょう。

すると、あちこちにシュワが見つかりますよね。

「シュワはたくさん出てくる…」

まずはこれを覚えましょう。

じゃあ、「単語の発音はシュワを含めて全部覚え直さなければいけないの?」

・・・と思ったかもしれませんが、安心してください。

なんと!シュワはある程度出現する場所が決まっています!

どこがシュワになるかは、ある程度理屈でわかっちゃうんですね。

それはどこかというと…

アクセントがないところ

に出てきます。

シュワの出現ポイント

受験勉強をしたことがある方は、

「アクセント問題」で苦労しませんでしたか?

センター試験で出てくるのですが、単語のどこが強く読むとか「知らんし、興味もないわ!」

…と当時は思っていました。

でもこのəの存在を知ってからは、

「アクセントめちゃくちゃ大事だった!!!」

と思うようになりました。(^^;

というのも、英語は強弱の言語なので、

発音するときに強くいうところがあり、また弱くいうところがあるのです。

そして、その強く読むところがアクセントであり、また弱くいうところが何を隠そうシュワなのです!!

もう少し突っ込んで言うと、少し乱暴なくくりになりますが、

「アクセント以外の母音はシュワになる」

と考えてしまっても大丈夫です。

もちろん例外もあるのですが、アクセントははっきりしっかりクリアに読んで、

それ以外の母音は全部シュワにしちゃうと、あら不思議、

めちゃめちゃネイティブ感ある発音になるじゃないですか!!!

例えば、さっきのpoliceの場合、

policeのiにアクセントがあることがわかっていれば、それ以外の母音のoのところはシュワになることがわかります。

実際、発音記号は/pəli:s/になっています。

アクセントのあるi:以外の母音はəになってしまうのです。

だから、ポじゃなくて、プになっちゃうのですね!!

つまり、発音記号を見なくても、アクセントがどこかがわかれば、

それ以外のところはとりあえずシュワにしちゃってOKです。

なのでアクセントの場所を知っておくことが大事なのですね!

まとめ

と言う訳で、このサイトでは、「アクセント以外はシュワ」を基本にして、

色々な単語の読み方を説明しています。

同じ説明を何度も何度もしているので、だんだんと慣れていってもらえると思います。

シュワを身につけて、かっこいい英語スピーカーになりましょう!