英語は動詞で話すと上手くいく!名詞依存にならない英語スピーキング方法とは?

英語が話せなくて悩んでいませんか

この記事をみている方は、

英語を話すのに難しさを感じているのではないでしょうか。

外国人と話していて、

「えーっと、いい会社に就職したいってなんて言うんだろう?”就職”って英語で何?」

「私は実家暮らしなんだよね。”実家暮らし”ってなんて言うの?」

なんて、単語が出てこなかった経験はありませんか?

実は、英語が口から出てこない人に共通する、

「陥りがちな罠」があるんです!

日本人が陥りがちな罠

私たちは中高で英語の授業があるので、

英単語帳で単語を覚えたことがある人は多いでしょう。

テストのため、入試のため、

知らない単語を少しでも減らそうと頑張りましたよね。

でも、果たして単語をたくさん覚えたところで

話せるようになるのでしょうか??

TOEIC800点や900点とった人でも

英語が全然話せない、口から出てこない

と言う人は山ほどいます。

そういったことから、

単語を知っている量や、文法を知っている量とは、

英語を話せるかどうかはあまり関係がないと言えます。

ちまたにはTOEICで高得点を取るために、

さまざまな単語帳が売られていますが、

話すためにこれらの単語が必要でしょうか?

日本人は名詞依存になっている

ところで、ネイティブの英語話者は

英単語をいくつぐらい知っているのでしょうか?

もちろん個人差はありますが、

成人で30,000語前後だと言われています。

一方、私たち日本人の英語上級者は、

どのぐらい単語を知っているのでしょうか?

TOEIC900点や英検1級レベルで、

約10,000語だと言われています。

つまり、話すことに限っていうと、

いくら単語を勉強して

いわゆる上級者レベルになっても、

「必ず言えない単語がある」と言うことです。

つまり、英単語を覚えるのには限界があるということ、

そして、知らない英単語を飛ばして、

「何か別の方法を使わなければいけない」

ということなんです。

最初の例でいうと、「就職」という名詞を知らないことで、

英語が口から出てこないことを、

「名詞依存」

と私は呼んでいます。

この名詞依存の状態から抜け出すことが、

英語が話せるようになるコツです。

英語が話せるようになるコツ

よく英語が話せる人のことを

「たくさん英単語を知っている人」だ

と思う人もいるようなのですが、

実は逆です、笑

ペラペラ話せる人ほど省エネで、

基礎的な動詞を使いまわして、

楽をしています。

基礎的な動詞というと、それこそ中学校で習うような単語です。

例えば、have、use、go、get、take、teach、study…などなど

そういった基礎単語であらゆることを表現しちゃうのが、

ペラペラな人の正体なんです。

例えば、さっきの「就職」

これなんていったらいいですかね?

実は、getでOKです!

I want to ....get a job!
で十分通じますよね!

練習してみよう

それでは、簡単な単語でいう練習をしてみましょう。

ポイントは、

「具体的な動作をイメージする」

これだけです。

何かと言うと、

「就職」するということは、つまり、

・・・どういうこと?

ということなんです笑

要は言い換えですね!

いくつか候補を出してみましょう。

就職するとは、

・定職につくこと

・仕事を手に入れること

・会社で毎日働くこと

…などなど、

色々な言い方ができると思います。

その中で、一番英語で言いやすいものを選ぶわけですね。

この中だと、「手に入れる」がgetで言いやすそうなので、

get a jobにしてみました。

逆の方法もあります。

「就職」するが言いたいんだけど、

手持ちの簡単な単語(have、use、go、get、take、teach、study…)

で言えないかな…

と考えるのです。

そしてgetが使えるなと考えて、get a jobにしたり、

haveでもいけそうだなと考えて

I want to have a new job.

にしたりします。

別の例で「24時間営業」はどうでしょうか。

「営業」ってなに?「ビジネス?」と考えてしまったあなたは、

単語依存になっています。

24時間営業を具体的な動作で考えると、

「開いている」ことです。

24時間「開いている=open」

なので、

The shop opens 24 hours.

のように考えるわけですね。

「実家暮らし」も「住む=live」で、

I live in my parents house.

のように中学生の単語で言えますよね。

まとめ

さぁ、英語を話すポイントが、

つかめたでしょうか?

改めてですが、いわゆる英語が「ペラペラ」な日本人ほど、

難しい単語をあまり知らないと言われています。

なぜなら何千、何万もの単語を知らなくても、

簡単な言葉だけでなんでも話す勘所を知っているからです。

英英辞典も2000語〜3000語ぐらいの単語で、

全て言い換えられてますしね!

今度言えないことがあったら、

「これ、基礎単語でなんとか言えないかな?」

と考えてみましょう!(^^)