英語で「キャット&チョコレート」!!を近々やりたい話

「英語でアナログゲーム」に関する記事の第一弾はこちらから!

今回のゲームは『キャット&チョコレート』!

手札のアイテムを使って、カードに書かれているピンチな状態をどう乗り切るかを伝え、勝ち負けを競うゲームです。

なんかもう、箱の絵のユルさがいい笑。

箱を開けるとこんな感じ。黄色いカードと緑のカードが入っています。

緑のカードはどんなピンチなのかを表しているイベントカードで、黄色いカードはそれを解決するためのアイテムカードです。

↑これがイベントカード。「宿題がぜんぜん終わらない!」とか「ハチにおそわれそう!」とかいろいろ笑

こちらがアイテムカード。おかん、けん玉、新聞、メジャーリーガー、などなど笑。一見それだけは役に立たなそうなのもあるけど、これらを使って様々なピンチを乗り越えるのです!

ちなみにこれは対戦ゲームなので、それぞれ自分のピンチカードを引いてからアイテムを使った各々の解決策を宣言。それを第三者がジャッジするという流れです。

たとえば、

「宿題がぜんぜん終わらない」という状態に対して、この2枚のカードを引いたらどうするか。(山札のウラに「2」と書いてあるときはアイテムカードをランダムに2枚引きます。)

  1. 自転車に乗って映画を観に行き、リフレッシュする。
  2. 行こうと思ってた映画のチケットを自転車のタイヤでズタズタにして勉強に集中する。
  3. 自転車と映画のチケットを友達にあげて、代わりにやってもらう。

とかとか??色々想像できますよね笑

こんな感じでゲームを繰り返すたびにピンチに対するアイテムも変わったりします。組み合わせ次第で無限に状況は変わるので、普通に楽しむだけでなくこれを英語でやるのはめちゃめちゃいい練習になりますね!

理由もつけたりできるので、レベルでいうと中・上級になるかと思います。試験でエッセイを書くときも理由を言ったりしますよね。トピックこそアカデミックではないですが、十分試験対策にもなりますね笑

どうせ英語をやるなら楽しく!が大事だと思っています(^^)

友達とあれこれ何時間も英語で遊んでたら、気づくと英語話すのなんか慣れちゃいますよね♪

『キャット&チョコレート』のようなコミュニケーションゲームは、今後どんどん増えていってほしいですね!私もオリジナルゲームを制作していきますよ♪