TOEICのリスニングのスコアがなかなか上がらない人へ

こんにちは!

今回はTOEICのリスニングで点数が取れない人に向けて、お話しします。

TOEICで700点や800点をとるのであれば、リスニングは350点や400点は必要になってきますよね。

でも、300点ぐらいで頭打ちになり、なかなか点数に反映されないという人も多いかと思います。ここでは、TOEICのリスニングのスコアがなかなか上がらない人に向けて「こうしたほうがいい」という傾向や、対策を書いていきます。

あれこれ手を出すのはNG

まず、あなたはリスニング力を上げるために、何をしていますか?

「単語を覚えている」

「文法問題を練習している」

「模試をたくさん解いている」

「音声をたくさん聞いている」

などの場合、続けているのはいいのですが、ちょっと遠回りであると言わざるを得ません。

どれもやらないよりはいいですが、もし「短期間で」リスニング力を上げる必要があれば、集中すべき練習は、音読とシャドーイングです。

短期間で結果を出さなければいけないのであれば、余計な練習をしている時間はもったいないですよね。

より効率よく練習するのであれば、できるだけ1つの練習の中に詰め込んだほうがいいのは明らかです。

点数が上がらない人は、あれもやって、これもやってとフォーカスが定まらないでダラダラと時間ばかりかけてしまう傾向があります。

そうではなく、リスニング力を直に上げることに集中しましょう。

それには音読とシャドーイングが最短距離です。

英語は「勉強」ではなく「練習」

リスニング力が伸び悩んでいる人に必要な練習は、音読とシャドーイングです。

そして、1つの本をやりきることです。

点数が上がらない人の傾向として、1つの本をできるようになるまで練習しないパタンがとても多いです。

1つの問題集や参考書を買っても、途中で飽きてしまったり、1回解いて満足し、また本屋で同じような本を買ってくる…という繰り返し。

↑これ、実は以前の私のことなので、こういった人の気持ちは痛いほどわかります、笑。

しかし、言語学習の基本はよくも悪くも「繰り返し」なんです。

1つのパッセージを、自分のものになるまで音読したか。楽に言えるように、読みながら勝手に意味が入ってくるまで音読したか。

これがコツなんですね。

よくも悪くも「繰り返し」ということですが、音読とかって実は30回もするとだんだん飽きてきちゃうと思います。

そして、飽きてくるっていうのはだんだん単語やフレーズが自分のものになってきているサインなんですよね。

負荷を感じず、楽に言えるようになるまで音読をすることで、やっとその文章が自分のものになってきます。

なので、実は焦らずに1つの文章を淡々と、粛々と音読練習できる人って強いんです。

私の生徒さんでも「僕、繰り返すのは意外と苦じゃないんですよ、笑」と言う人がいました笑。その人は英語こそあまりやってこなかっただけで、本当に音読とシャドーイングを毎日一定量やってくれました。すると、みるみるリスニング力があがり、「TOEICのもので聞いて内容がわからないものはほとんどなくなりましたね」と話してくれました。

1回解いて終わりにしてはいけません。その文章に関しては、読みながらすぐに意味がわかるぞ!という状態にしなければいけません。

繰り返しの効果

なぜなら、その文章に使われている表現と同じ表現や、似た表現がまた別のところで必ず出てくるので、その時に「パッと」わかるようになるからです。英語は組み合わせこそ無限ですが、よく使う表現はかなり限られています。特にTOEICは同じような表現が多いですよね。

なので、「理解は遅いけど時間をかければわかる」ぐらいで次の文章に移ってしまう人は、その表現を自分のものにしていないので、新しく出会うたびに文法的に処理したり、考えちゃったりするわけです。だから理解が遅くなります。

言語学習はスポーツと同じです。

スポーツはルールがわかって終わりじゃないですよね。

サッカーでも野球でも、「ルールがわかりました。だから私はそのスポーツができます」とはならないはずです。

野球だったら最初は何回もフォームを意識しながら素振りをして、だんだんと考えなくても体が動くようになります。

サッカーだったら、上手にドリブルができるように何回も練習したりしますよね。その動きが滑らかに楽に考えなくてもできるように練習をしていくはずです。

英語も同じです。新しいスクリプトをどんどん進める必要ありません。最初は1つのものでいいので、だんだん音読ができて、シャドーイングができて、それが楽にいえるようにを目指しましょう。

そこまでやってやっと、英語を聞いている時に、音と意味が勝手に飛び込んでくるようになります。

ということで、リスニングのスコアが伸び悩む人は、移り気にならず、まず1つ1つの文章をしっかり自分のものにしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください