Overview

Run Languageは医師専門の英語パーソナルトレーニングです。

現在は「英語力を上げる」と謳う多くの英語学校や英語のパーソナルトレーニングがあります。しかし、一言で「英語力」と言っても、ビジネスでの英語と医療現場での英語は、使う単語もフレーズも大きく異なります。特に医師は忙しく、時間がない中で英語を勉強しなければいけません。また、医師には日々の目の前の「論文」「学会」「外来対応」という英語に関わるタスクがあるため、医師にはこれらを直接解決するための英語カリキュラムが必要です。

当校では、医師に必要な英語を効率よくトレーニングできるようにカリキュラムを作成しています。週1回のレッスン+ホームワークを通して、業務で使える英語力を鍛えます。当校のカリキュラムでは、3ヶ月でNEJM、JAMAなど五大誌を意識した「論文読解力」、「診察時の会話力」、そして学会発表で最新の知識を得るための「リスニング力」を鍛えます。またその後もご自身で学習を続けられるように、シャドーイングをはじめ、正しい英語の練習方法を身につけます。

Curriculum

受講を検討している医師の方からは、「自分はここ最近受験英語から離れてるから、そこから医学英語に結びつけられるのか」といった不安の声をよく聞きます。そういった方のためにも、カリキュラムでは、最初の1ヶ月で第二言語習得研究をベースにした英語の学習方法に慣れていただくとともに、英語の基礎力を鍛え直すところからスタートします。

1ヶ月目

・基礎英単語の復習

・基礎英文法の復習

・スラッシュ・リーディング

・外来リスニング

・発音矯正

・シャドーイング

2ヶ月目

・基礎英単語+医療英単語

・スラッシュ・リーディング

・外来リスニング&スピーキング

・発音矯正

・シャドーイング

 

3ヶ月目

・医療英単語

・外来リスニング+スピーキング

・NEJMリスニング+リーディング

・シャドーイング

1ヶ月目:
抜けている基礎単語と文法を確認し、スラッシュリーディングで英語を前から読む感覚を定着させます。また、リスニング力向上に不可欠なシャドーイングができるように、リエゾンやリズムなど6つのポイントを中心に発音矯正を行います。スラッシュリーディングとシャドーイングの教材は『正しく診断するための診療英会話』(ナツメ社)を使用し、音に慣れるために毎日欠かさず練習をしてもらいます。

2ヶ月目:
単語は基礎英単語から医療英単語に進みます。スラッシュリーディングとシャドーイングに慣れることで、この頃から英語の音がだんだんと聞きやすくなり、理解力が向上してきます。また、オリジナル教材を使いながら外来で話す「型」を身につけていきます。

3ヶ月目:
シャドーイング教材は外来での会話から『NEJM This Week』のpodcastに移ります。正しい音でシャドーイングができているか、毎回のレッスンで確認をします。